記事上

サイト紹介 保険

一番安い自動車保険を5分で探す方法

更新日:

自動車保険はディーラーでそのまま入っている人が多いですが、自分で複数の保険会社を比較した事はありますか?

実は複数の保険会社を比較して、インターネットで入る事によって平均2万7000円/月(※インズウェブ調べ)も節約できます。
TVでよくCMが流れているソニー損保やアクサダイレクト、イーデザイン損保だけでなく、自動車保険会社は多くあります。

ですが、世の中的にはまだまだ東京海上日動や、三井住友海上といった大手日系の企業に入っている人が、インターネットを活用している人の中にもまだまだ多くいます。

見直すだけで節約出来るのにもったいない話です。
安い自動車保険を探す上では比較する事がとても大切なのです。
そこで今回「自動車保険の賢い選び方」をまとめておきます。

①まず自分の入っている自動車保険について調べる

「自動車を購入してから変更した事が無い」
⇒はい、安くなる可能性が高いです。
 ②へ進んでください。

「TVCMを流している保険会社に変更した事がある。」
⇒はい、安くなる可能性が高いです。
 ②へ進んでください。

「数年前にもう一括見積りして変更したよ。」
⇒はい、安くなる可能性があります。
 ②へ進んでください。

「ここ1年くらいで一括見積りをして変更したよ。」
⇒ありがとうございます。
 出来ればインズウェブで来年もお願い致します。

満期まで3ヶ月以内であれば、自動車保険の一括見積りを行う
※4ヶ月以上あるなら、3ヶ月以内になるまでお待ち下さい。

自動車保険の一括見積もりは「インズウェブ」をお勧めします。
(私が勤めているSBIグループの運営です。)
下記の20社から一括で見積りを取る事が出来ます。(全部は取れません。)

アクサダイレクト
アメリカンホーム・ダイレクト
イーデザイン損保
セコム損保
ソニー損保
チューリッヒ
三井ダイレクト
そんぽ24
SBI損保
セゾン自動車火災
エース保険
ゼネラリ
朝日火災
共栄火災
損保ジャパン
東京海上日動
日本興亜損保
富士火災
あいおい
ニッセイ同和
AIU保険

※よくある勘違い
口コミサイトや、ランキングサイトで保険会社のランキングが掲載されている事があります。
しかしながら、自動車保険は、車や年齢、希望の保障といった様々内容で一番安い保険会社は異なります。
Aさんが一番良いといっていた保険会社が、Bさんにとって最も安い保険会社であるとは限らないのです。
自分にとって一番安い保険会社は、それぞれに見積りを取らないと分かりません。等級も違いますし!

③一括見積もり後

インズウェブで一括見積もりをした後は、保険料がすぐ確認出来る保険会社があります。
まずはこの保険会社の保険料を確認しましょう。
どうですか?安くなっていませんか?
一番安い自動車保険はここから分かります。

お急ぎの方はここに出ている保険会社の中から選択しましょう。
インズウェブで入力したメールアドレス宛に保険会社からメールで案内が来ているので、そこから手続きをするとインズウェブで入力した内容を引き継いで契約する事が出来ます。

又、お時間がある方は、メールや郵送でやってくる保険会社の見積もり情報も見つつ、比較して検討しましょう。
もちろん値段も大事ですが、保障の内容についても確認すべきです。
特に弁護士費用特約や、車両保険は付いているのかどうかは確認しましょう。

④結果

安くなりましたか?納得出来る自動車保険選びは出来ましたか?

いいですか、自動車保険選びはインズウェブお願い致します。
インズウェブです。
大事な事なので2回言いました。

インズウェブは元々はソフトバンクとアメリカのインズウェブの合弁会社からスタートしています。
タイムマシン経営の一環で出来ている事業です。
もうサービスを開始して10年以上が経っており、どうぞ安心してご利用下さい。

自動車保険の東急も安さを決めるにはとても大切ですので、無事故無違反は大切です!

広告用2

広告用2

-サイト紹介, 保険
-,

Copyright© Think Different , 2017 AllRights Reserved.